この時間でもまだ仕事をされているみなさま!

おつかれさまです!

今日はいい情報をご紹介。(←アレクサンダーとはちょっと違うのですが...)

この前のレッスンで来日中のローザに習ってかなり重宝してます!


パソコンを長時間してつかれたー、

朝から、考えなければいけない問題が山積みで頭が疲れたー、

という方にはぴったり!



その名も「パーミング」。



やり方は簡単だよ。

1,両手を合わせ少しこすりあわせます。c0186132_19474963.jpg

2,今度は少し手をはなします。
右手と左手の間に何か感じますか?
暖かい感じを感じたらOK!
c0186132_19493697.jpg


3,右手の手のひらの側面を鼻にそわせて右目にかぶせます。c0186132_19512291.jpg


4,左手も同様に左目にかぶせます。
このとき、首や手に力が入らないように「頭が上へ」とアレクサンダーを取り入れてやるのがポイント。
右手と左手が額の部分で交差します。
c0186132_19522455.jpg















5,そのまま2分から5分くらいやるのがベター。
注意することは、みんながいる前でやると泣いてるように見えて心配されてしまいます(笑)

6,パーミングが終わったら、
まぶたが開くのを許してあげましょう。
いきなり目を開かずに、
少しづつまばたきをしながら目をひらくのがポイント。



どぉ?

少しは、疲れが取れた?

プレゼンや発表の前、ステージや舞台にあがる前にやると、

気持ちが落ち着いていいよ。

緊張を抑えるにもいいかも!

顔も凛々しくみえるので二度おいしいしね。

ぜひ一度試してみてみて。
[PR]
# by bodychance | 2010-04-23 20:13
きょうは、昨日とうってかわって雨...

朝から、今日はブログに何か書きたいことは起こるかな、と思いながら、ウォーキング。

あぁ、でも今日は、外で人と合う予定だったんだ、、、

緊張するな、、、

だいじょうぶかな、、、

と気がついてみたら、こんなことばかり、考えてるじゃん!!


でも、まずは、そのことに気がつけた自分に拍手(パチパチパチ)


そして、そんな緊張する自分にこんにちは!

君は、ぼくの一部なんです。

今日は一緒に楽しみましょう♪



と、いうことで、緊張君と共にご挨拶したら、

あら不思議!!

自然と言葉がでてくるじゃん。


成長したなぁ。。。


アレクサンダー歴1年。

これからも、成長したり、失敗したりのそんな毎日をそのままブログにお届けしていきたいと

ふと心に思った一日でした。

めでたしめでたし。







...そろそろ写真も一緒にアップしたい(汗)
[PR]
# by bodychance | 2010-04-22 19:10

OH! HAPPY DAY!

みなさんこんにちは。

4月からBODY CHANCEのオフィスに入りましたけんたろうです。

今日は、ブログに初登校!いやいや、初投稿をしちゃいます。

あまりにも天気が良くてなぜか今日は朝から頭の中で

「OH ! HAPPY DAY !」が流れている♪


それで、あまりにも気持ちよい朝だったので、

目黒川の様子でも携帯にとってこの春のトキメキをみんさんに伝えたかったのですが、

なんと、携帯の電池が残り1こ!!

「カメラを起動出来ません」


...


ショック(涙)


なので、今日は、スイスからお越しの

アレクサンダー・テクニークのディレクターである

ローザ・ルイーザのクラスに参加して、

印象に残ったおことばを。




ローザ:「Non Doing」




ローザ:「allow」




けんたろう:「がびーん!またDoingしてた!」




でも、いつもこの言葉には元気をもらってます。ハイ。


ローザ、今日からは大阪のメンバーさんに沢山のデリシャスな体験をお願いします。


そして、みなさんにとってもHAPPYな一日が訪れていたらいいな。


「OH ! HAPPY DAY !」
[PR]
# by bodychance | 2010-04-21 19:10 | アレクサンダー・テクニーク
先日も「ランニングを極める」というアレクサンダー・テクニークの
ランニングへの応用についてまとめた書籍(春秋社)のことを書きましたが、
これが3月号の「ランナーズ」という雑誌にも掲載されて、アレクサンダー
が紹介されています。

元々、パフォーマーに多く使われてきたこのテクニークなので、
きっと多くのランナー達にとってみれば、
「アレクサンダー・テクニーク?なにそれ?」という感じだと思います。
そんな人たちがこれを知って、どのような反応が起こるのか楽しみです。

私もスポーツにこれを応用していきたい一人です。
野球をよくやっていたのですが、これを応用することで投げることが
かなり楽になりました。また、バスケもやっていたのですが、これを
学んだ後は、フリースローの確率が倍くらいアップしたように思います。
(元々素人的だったので、低かったのですが。。)

このように、明らかにパフォーマンスが向上することを体験しました。
ピッチャーがピンチの時にマウンドで、自分の身体を思い出せたと
したら、おそらく普段通りの自分の球を投げられるのではないか、などと
よく考えます。そんなお手伝いが出来る日が来るのが私の夢です。

今までスポーツ系の人にはほとんど認知してもらってないので、
この本が出たことで、BODY CHANCEとしても新しい世界の人に来て
もらえるとてもよいきっかけとなるでしょう。

目黒川の桜も咲き始めました。そして、年度の替わる時期ですね。
今回をもって、私のこのブログへ投稿は最後となります。短い間でしたが、
このブログを読んでいただいた方には感謝しております。
4月以降は新しいスタッフがこれを書いていくこととなると思います。
今後ともボディチャンスやアレクサンダー界の情報が発信されていく
こととなるので、引き続きこちらに訪れていただければと思います。


☆BODY CHANCE☆
http://www.alexandertechnique.co.jp/
[PR]
# by bodychance | 2010-03-30 15:22 | ボディチャンスのこと
バンクーバーオリンピックも後半に入り、注目の女子フィギュアスケートが
始まりました。SPを終えて浅田選手は2位につけ、メダル獲得に向けて
大きく前進しています。

先日NHK特集の「ミラクルボディ」という番組で、4回転ジャンプについて
様々な面から解析した番組をやっているのを見ました。高解像度の映像を
スローモーションで見れるので、とても興味深く見ています。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/100214.html

このときはフランスのブライアン・ジュベール選手の4回転ジャンプを
採り上げており、若手選手との違いを分析したりしていました。
分析の結果をみると、確かに他の選手に比べて身体の軸がぶれておらず
まっすぐに回転しているのがわかります。
ここで解説者はその理由の一つに、背中のコアな筋肉の強さを挙げていました。

私はその映像をアレクサンダーの視点で見ていました。すると、大きな違いとして、
ジュベール選手は頭がリードし続けてジャンプして、さらに回転しているのに対し、
若手選手は頭が身体に押し上げられているように飛んでいるのがわかりました。
アレクサンダーでいう頭の押し下げです。
ここでは、身体の押し上げというべきでしょうか。
この若手選手には、きっと「頭がある」という意識がないのでしょう。

ジュベール選手もどこまで頭の意識があるかはわかりません。
ただ、日頃の飛べる感覚が頭と共に飛ぶ感覚であり、それをただ行っているだけ
かもしれません。頭はとても重いもので、それが最も高い位置にあり、かつ頭と
脊椎の関節を軸として回転することになるのです。フィギュアのジャンプという
動きでいえば、バランスやスピードに影響を及ぼさないわけがありません。

「頭がある」なんて思っている人は、アレクサンダーの生徒さん以外ではそう多くは
ないでしょう。ただ、この意識があるだけで動きが大きく変わるのです。

アレクサンダーを学ぶ者として、「フィギュアスケートの選手がアレクサンダーの
学びを取り入れたら、どういう変化が起こるのだろうか」と思いました。
(毎回、この番組をみると、思うのですが。。)

女子のフリーの演技をご覧になる方は、こういった視点もちょっと加えてみてください。
選手によって違いがあるのがわかると思います。

☆BODY CHANCE☆
http://www.alexandertechnique.co.jp/
[PR]
# by bodychance | 2010-02-24 18:17 | パフォーマンス鑑賞